イベント情報Event

2017年5月26日|子どもの話を聴けるママになろう

とってもとってもツライ気持ちになるワークなんです。

 

 IMG_9776

第2回 おしゃべりママの会を実施しました。

 

今日のテーマは

“話し上手は聴き上手”。

 

コミュニケーションにおいて

“話すこと”“聴くこと”のバランスがとても大切だとお気づきの方は多いことでしょう。

 

また、そのコツについて知りたい!と思っている方も多いはずです。

 

今回のおしゃべりママの会にも

夫や子どもたちと良好なコミュニケーションがとりたい!と参加された女性が沢山いらっしゃいます。

 

では、どんな点に気をつければ

良好なコミュニケーションが取れるのか。

 

それを身を持って体験して頂く機会を設けさせて頂きました(^.^)

 

それが、とってもとってもツライ気持ちになるワークなんです。

 

・・・・・・・・・・・・・・

話す気持ちが失せました(´;ω;`)ウッ…

 

 

知らず知らずにやってしまいがちな

“ながら聴き”を出席者全員で体験。

 

ワークをした後の感想と

みんなの表情と言ったら・・・。

 

『話す気持ちが失せました・・・』

『聴いてくれているのかな?と不安になって話せなかった』

 

『これ、家庭でもやっているかも。』

『相槌って大事なんですね・・・』

 

負の気持ちがたっぷりです。

 

 

私自身、ワークの目的を知っていながら

毎回毎回、目が潤んでしまうほど

ツライ経験になってしまうのです。

 

でも、この体験を通して

 

体験者全員が、

・話すときの工夫や

・聴く側のポイント

・相手を気持ちよく話させてあげられる自分の姿勢に

 

 

改めて『これ、大事だね!』って再認識してくださいます。

 

・・・・・・・・・・・・・

仲のいい家族でいたい!

 

誰しも仲が悪くなりたい!なんて望んだりしないはずです。

 

家庭においても

社会においても

 

ニコニコ笑って

過ごせることは幸せだし

生きる事が“楽”ですよね。

 

 

これを無理してニコニコではなくって

心の底から自然と沸き起こるようになるための時間が

 

おしゃべりママの会です。

 

こんな風に物事を捉えたら気が楽になる。

毎日が頑張れる。

 

悩みが沸き起こっても打ち勝てる。

 

そんな風に感じてほしくって

おしゃべりママの会を開催しています。

 

ママが元気になる事は、

家族が仲良く暮らす事に大きく関わってきますから。

 

 

・・・・・・・・・・・

『うちの子、話を聴かない!』

 

 

お子さんが話を聴いてないと感じて

イライラするママ、多いと思います。

 

 

私自身が10年以上前

我が子に『話を聴かない』とイライラを感じていました。

 

 

お子さんが身体的な問題を抱えていて

“聴く”事ができない場合もありますし、

 

 

(・・・たとえば、小さなお子さんは

痛みを伴わない

滲出性中耳炎にかかりやすいです。

 

痛みがないので、よく観察していないと気付きません)

 

集中力の問題で聴いていないとか

色々な事が考えられます。

 

だから、親の観察力は重要です。

 

 

見落としがちなのは

自分自身の聴く態度や体制です。

 

 

もしかしたら

ママ自身が上手に聴けていないかもしれないのです。

 

子どもの行動に目を向けるのと同じように

自分自身にも関心を持ってみてください。

 

 

それに気づいてもらう機会が

今回のおしゃべりママの会でもありました。

 

 

ママは忙しい・・・から聴けない。

ではなくて、

 

ママは忙しい・・・からこそ

ちょっとの工夫が

親子の良好なコミュニケーションにつながるという

 

ヒントを実践してもらえたら

嬉しく思います。

 

・・・・・・・・・・・・・

 

ママ向けにおしゃべりママの会を実施したい方、

団体さんがありましたら

ご相談ください。

 

 

育児期はあっと言う間です。

その貴重な時間を楽しまないのはモッタイナイと私は強く思っています。

 

そして、

とは言っても

色々な気持ちや出来事に

楽しめないママが沢山いる事も

 

私自身が身をもって知っています。

 

楽しくためのコツや方法は必ずあります。

それをお伝えしたくって

おしゃべりママの会を続けています(^.^)

 

今よりもっと楽しい育児がしたい、

そう強く思われる方からの

ご連絡をお待ちしております(^.^)

 

 

ご連絡先は、以下になります。

info@mukumuku.or.jp

 

 

2017年5月14日|乳幼児のやけどに注意

子どものやけどって、
とっても怖いですよね。
 
 
あとが残ってしまうのも
とてもつらいことですが、
 
 
やけどは、命を落とす原因につながることもあります。
 
 
2歳以前の小さなお子さんが怪我をする場所の
ワーストワンは家の中。
 
 
家の中は、安心と思われている方も多いと思いますが、
 
 
家の中は予期せぬ事故が発生する場所。
 
 
安心からチョット目を離して
ハッとする事故につながる危険があります。
 
 
炊飯器や湯沸かしポット、
温風ヒーターや加湿器など、
 
 
身近なモノで大やけどをする事も。
 
 
夏は、暖房器具を使用しなくなりますが、
炊飯器は年中使いますよね。
 
 
コードの位置や
炊飯器の置き場所、
 
 
ぜひぜひ今一度、確認を進め致します。
 
 
5月14日日曜日の東京新聞朝刊に
記事が載っていましたので
 
小さなお子さんのいるご家庭の親御さんに
見て頂けたらと思います。
 
{EA198428-B33F-4B22-9B15-962405666B8E}

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201705/CK2017051402000109.html

 

2017年5月14日|人前で話すのが苦手と悩むママが多い

子どもにイライラしなくなりました

 

 

いよいよ“おしゃべりママの会”がスタートしました。

 

 

おしゃべりママの会は、

アドラー心理学の勇気づけ講座のプログラムを使用しながら

進行する勉強会です。

 

 

ママたちが家族や子供・関わりのある人達との

良好なコミュニケーション方法を学ぶ場となっています。

 

 

参加してくださった方々は、

 

 

”子どもにイライラしなくなりました”

 

 

“おしゃべりママの会に参加することで信頼できる仲間ができました”

 

 

”自分を客観的にみることができるようになりました”と

 

 

嬉しい感想をたくさん寄せてくださっています!

 

 

今回の3ヶ月も

実り多い時間になるよう

しっかりと務めたいと思います!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人前で話すのが苦手・・・を克服したい

 

 

1回目は“コミュニケーション力をつけよう”と言う

テーマで会を進めました。

 

 

参加した動機をお聴きすると

 

 

人前で話すのが苦手だから・・・と参加してくださった方が多い。

 

 

確かに、私自身も

人前で話す事が苦手でしたので気持ちがわかります。

 

 

それでは

人前で話すことが苦手な理由って何だと思いますか?

 

 

私は、以下の3つが理由ではないかと考えます。

 

 

一つ、話し方を“いい”“悪い”とジャッジしている

 

二つ、人と比べてしまう

 

三つ、自分に自信がない

 

 

これを払拭していただくために

物事の捉え方、見方には

 

 

人それぞれの違いがあることを体験していただきました。

 

 

それを自分自身にも置き換え、

自分の物事の見方・捉え方に自信を持ってもらいます。

 

 

とは言え、

頭では分かっているけれど、

 

 

身にしみて感じてもらうには時間がかかります。

 

 

そこで、毎回 宿題を実践して感想を次回お聴きしています。

 

 

おしゃべりママの会に参加してくださる方は、

勉強熱心な方が多いです。

 

 

インプットはたくさんできている、

でもアウトプットがうまく出来ていないと言う

 

 

思いの方が多いのも特長です。

 

 

ですから、アウトプットできるように

最後は、ちょっとした宿題を出しています。

 

 

3ヶ月の関わりが、

参加してよかったと思ってもらえるような

会になるように

 

 

今回も頑張って行きたいです(^^)

IMG_9741