イベント情報Event

2019年10月23日|11/7 第6回『RASHISA~らしさ~』を考えるお茶会

11/7 第6回「RASHISA〜らしさ〜」を考えるお茶会
〜依存しない生き方が女性を強くする〜

テーマ:なりたい自分になるために

開催時間:10時〜12時
※今回からスタート時間が30分早まっています

12時以降 ランチタイムとシェア
参加自由、ランチは500円カレーまたは持参可能です


————————————————–
「RASHISA〜らしさ〜」は女性が自分らしい幸せな人生を手に入れるために様々な学びを深めるコミュニティです。

【思い描く幸せな人生とは…】

幸せな人生とは、どんなことを思い描くでしょうか?

*お金がたくさんあることですか?
*友だちに囲まれて暮らすことでしょうか?
*家族が健康でいてくれることですか?

幸せな人生には その人それぞれの価値観があり 
求めているものが違って当たり前ですね。

しかし 幸せな人生を手に入れるためには 
すべての女性に知ってほしい土台となる大切なキーワードがあります。

【女性が真の自立を手に入れる】

「RASHISA〜らしさ〜」では、
“女性がこころもからだも自立して生きていく事”を幸せな人生ととらえ
参加者同士で今の課題や環境を分かち合いながら、
必要な健康・人間関係・お金・暮らし・育児
などの知識を共に学んでいます。

女性の自立がどうして大切なのか?

それは、依存した生き方は豊かな人生とは言えないと考えるからです。

*自分の事なのに自分で決められない。
*人の意見や顔色をうかがってしまう。
*家族の予定ばかり優先して 自分の時間が作れない。

よく考えてみたら窮屈な生き方をしていませんか?

もしかしたら 今は仕方ないってあきらめていませんか?

「RASHISA〜らしさ〜」では
人の幸せには『自立している』ことが大切だと考えています。

仕事環境が変わろうとも
家族構成が変わろうとも

自立した生き方を選び、歩めていたら 
私たちの人生は豊かで幸せなものになることでしょう。

女性としてこころもからだも自立して、
みんなの”らしさ”再発掘するためのコミュニティ「RASHISA〜らしさ〜」を
女性の未来のために
ご活用いただけたらと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「らしさ」は3人の女性が運営しています。
★石橋美樹さん
ライフシフトリビング主催
https://linna2016.com/72516/

★宗形美紀子さん
株式会社 アート・メイク経営
https://www.a-tomeiku490225.com/

★おかもとひろこ
子育て応援クラブむくむく主催
https://tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000044525

今の課題や環境を分かち合いながら、必要な健康・人間関係・お金・暮らし・育児
などの知識も共に学ぶことができます。
女性としてこころもからだも自立して、
心地いい生き方を手に入れましょう。

お申し込みは
以下のフォームからお手続きいただけます。
https://tsuku2.jp/events/eventsDetail.php?ecd=49032068044101

【詳細】
時間  10:00〜12:00
   ※終了後カレーランチ。ランチの参加は自由です。
    持参したランチを召し上がっていただく事も可能です。

場所  Timecafe(株式会社アート・メイク内)

さいたま市南区南浦和3-9-2 倉沢マンション1F

JR線「南浦和」駅東口から徒歩8分

会場はこちら参照 → https://www.a-tomeiku490225.com/

写真付道案内 → https://ameblo.jp/mikikokoron/entry-12243910896.html

参加費  1000円

お申し込みは
以下のフォームからお手続きいただけます。
https://tsuku2.jp/events/eventsDetail.php?ecd=49032068044101

2019年10月18日|報告 ママたちの知恵公開日

10月17日 『ママの知恵公開日』ご報告

 

 

こんにちは。

先日は“GO1GO!母ちゃん!HAPPY向上委員会”さんが主宰する

 

 

 

『ママの知恵公開日』に参加させて頂きました。

 

image

 

こちらの活動は

一人でも多くのママや子どもの自己肯定感を挙げ、虐待・自殺などの不幸な結果を削減することを目的にサポートチームとして活動されています。

 

 

 

先日の企画では

午前2枠・午後2枠の計4講座をご提供。

 

 

 

地域のために、

ママたちのために、

子どもたちのために

自分がもつ知恵を提供したいと思っている方々が

講座を担当され、色々な情報を発信されました。

 

image

 

私も2時間目から参加させて頂き

皆さんのお話を聞かせて頂いたのですが

 

 

 

講師の方々の熱い思いが

ビシビシ伝わって

気持ちが見えるようで

 

 

 

なんていうのか・・・

こんなに熱い思いを持った人たちが

世の中にいるんだってことを

改めて感じましたし、

 

 

 

熱い思いを持った人たちが

熱い思いを表に発信することで

救われる人ってたくさんいるだろうなって

改めて思った1日になりました。

 

 

 

私たちは

もっと幸せになっていい!

 

 

 

そう自分に許可できるようになったら

自己肯定感もあがって

 

 

 

サポートチームの目的も果たされていくのだろうと感じました。

 

 

 

参加してくださった皆さんは

1日受講された方や

半日受講された方など

たくさんいらっしゃいました。

 

image

image

image

image

 

次回は、12月を計画されているそうです。

 

 

 

ママが学ぶこと、

ママが情報に触れることは

家族の幸せにつながります。

 

 

 

今回をのがされた方々

次回、ぜひ足を運ばれてみてください。

2019年10月18日|第22号 むくむく便発行と休刊のお知らせ

第22号 むくむく便発行のお知らせ

 

 

こんにちは。

急な気温の変化と

すっきりしない日が続いていますが

お変わりありませんでしょうか?

 

 

 

昨日、NPO法人子育て応援クラブむくむく発行

第22号 むくむく便が完成いたしました。

 

 

 

今回もさいたま南部で活躍されている団体様のご紹介や

 

 

 

身近な講座情報などを掲載させて頂いております。

ぜひご覧いただけましたら嬉しいです!

 

image

image

image

image

 

 

 

“お知らせ”

 

約6年ほど発行しておりました

むくむく便(旧 むくむく新聞)ですが

今回の22号で休刊になりますことをお知らせいたします。

 

 

 

思い返せば数年前

以下のような気持ちで新聞製作を始めました。

 

 

 

・自分たちが住むまちの身近な情報を発信したい

・身近に活躍する方々をママたちにご紹介したい

・情報を求めているママへのきっかけを作りたい

・地域で起業する方とママたちとの橋渡しをしたい

・新聞作成が活動の後押しになれたら

・身近にいる素敵な方たちを紹介したい

・とにかく楽しいことがしたい

などなど・・・

 

 

 

子どものころに学校で作った

手作り新聞をイメージして

 

 

 

身近で親しみやすいものを作りたいと思い

始めたむくむく新聞。

 

 

 

第22号を発行するまで

沢山の方に情報提供をいただき、

 

 

 

記事をご寄稿いただき

 

 

 

知恵をお借りし

 

 

 

発行を重ねてまいりました。

 

 

 

お忙しい中、

むくむくの活動にご理解を下さり

ご協力くださったたくさんの方々、

本当にたくさんの方々が携わってくださったことに

心から感謝申し上げます。

 

 

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

沢山の方々に携わっていただいたむくむく新聞ですが

常に新聞作りに関わってくださったお二方へ

 

 

 

構成や団体様へのインタビューなど

プロのお仕事を提供してくださった高橋さん、

お忙しい中 縁の下の力持ちとしての役割を

快く引き受けてくださりありがとうございました。

 

 

 

おかげさまで

新聞の質がグッと上がったことは言うまでもなく

紙面を作り上げる工程はとても勉強になりました。

ありがとうございました。

 

 

 

何度となくさせて頂いた

メッセージのやり取りも

私にとってとても勉強になる実りの機会でした。

 

 

 

リバティグループ

代表取締役社長 森さん

新聞印刷に会社をご提供くださいましてありがとうございました。

 

 

 

パソコン操作が分からない時は

森さんに聞けば教えてもらえるという安心感のもと

マンガ連載などにもチャレンジできました。

 

 

 

紙面がカラーになって見やすくなったり

ページ数を増やして情報量を増やすことができたり

進化を与えてくださいました。

 

 

 

地味な用紙折りも手伝って頂けたことありがたかったです。

折作業中に色々なお話をできる事も楽しみでした。

 

 

 

社員様をも巻き込んでむくむく新聞を作成させて頂いていたわけですが、

いつも気持ちよく迎えてくださいましたことに感謝しております。

ありがとうございました。

 

 

 

第22号で休刊とはなりますが

引き続き地域の情報にはアンテナを張っていきたいと思います!!

 

 

 

皆さん心から感謝申し上げます。

ありがとうございました。