イベント情報Event

2018年5月24日|毎月5名様限定個別相談につきまして

こんばんは♪おかもとです。

 

 

 

今回は、毎月5名様限定で募集させて頂いている

 

個別相談についてのお話しです。

 

 

以前はメールでのお申込みでしたが、

 

この春よりサイトでチケットをご購入頂く運びとなりました。

 

そのチケット販売のサイトは、以下になります♪

まだ ご覧になって頂けていない場合

 

 

お時間のある時に開いてみて下さいね(^^)

分かりやすくなったとご好評を頂いております。

https://tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000044525

 

修正

 

入り口は2つですが、中はつながっている個別相談

 

 

個別相談には、どのような方がお問い合せ下さっているのかといいますと、

 

 

★子育て(親子関係)にお悩みの方

 

★自分サイズ起業にお悩みの方

 

 

大きく分けますと、以上2つの分野に別れます。

 

 

ですが、子育てにお悩みの方の中には

仕事にまつわるお悩みがありますし、

 

 

起業にお悩みの方の中には

子育てに関するお悩みがあります。

15632970396ef64f32b6db5f86f8e40c_s

 

100%女性対象の個別相談ですので、

仕事と子育ては親密な関係にありますし、

 

 

切り離して考えず(必要に応じて)

むしろセットで考えるお手伝いをしています。

 

 

個別相談は1時間~ご利用頂けますので

お申込みの女性のご都合で計画することが可能です。

 

 

スカッ!として頂きます

 

35ac5ad70b409775e17a7b2dd73b69c1_s

“悩み”を打ち明けるというのは勇気がいりますから

自分でなんとかしようともがいている方も多いのではないでしょうか?

 

 

でも、今 抱えている“悩み”があるようでしたら

長びかせず 体の外に出して楽になりませんか?

 

 

”悩み”を、ひとりで大事に抱えていても

なかなか解決しないものです。

 

 

私自身が、なかなか解決できない

長引かせ屋でした。

 

 

ですが、心配してくださった方々に

勇気を出して洗いざらい話していくうちに

 

 

自分でも気づいていなかった気持ちがたくさん排出されて

スカッと 今に至っています。

 

 

全身軽くなります♪

 

 

先の姿を想像してみて下さい

 

 

しゃべってしまったら

悩みの量は ある程度減少します。

 

 

これは間違いない!

 

 

次のステップとしては、

今後 どうしていったらいいのか見つけ出す事です。

 

 

この見つけ出す作業も

ひとりでは難儀です。

 

 

“悩み”を抱えている時は

自分の足元にだけスポットライトがあたっている状態と同じ。

7eac7f34e6e6d63b414005d5554c9f6c_s

 

足元のその先が見えなくては怖くて一歩が踏み出せませんよね。

 

 

個別相談では小さく足元だけを照らすスポットライトを

少しずつ広げて

 

 

その先を見るお手伝いをいたします。

 

 

その先には、必ず未来が待っています。

88237e5fe013ca180aec9b6474624bb6_s

 

原因を追求するだけでは

足元を照らすスポットライトの光を広げることは出来ませんから

 

 

未来を意識することで足元の先を照らし出すことが出来るのです。

 

 

そのお手伝いをさせて頂きます。

 

 

お受付内容は、以下の2点になっております。

 

 

★子育て(親子関係)にお悩みの方

 

★自分サイズ起業にお悩みの方

 

 

勝手ながら、毎月5名様限定となっております。

どうぞよろしくお願い致します。

 

チケットをご購入いただき、お申込みになります。

以下のサイトをご確認下さいね。

https://tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000044525

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

個別相談情報はこちら

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

5月の個別相談ご予約可能日は残り1日となりました。

(親子関係個別相談/おうち起業相談)

 

 

 

5月31日 午前・午後

修正

2018年5月17日|5月16日 座談会!旦那さまとの関係を徹底的に見直してみます

こんにちは。

ここ数日、気温が急上昇し体がついて行かない・・・。

 

 

体調を壊されている方もいらっしゃるようですので

身体を休める時間を確保し

体調管理にお気を付け下さいね(^^)

E75F2274-4D1D-4A58-B0B8-8F1E3F468900

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

さて、明日は座談会の開催日です。

 

 

今回のテーマは「旦那さまとの関係について」。

育児家事の協力体制について深掘りしていく予定です。

 

 

参加者の皆さん

どうぞよろしくお願いします!

 

座談会の様子は、7月号むくむく新聞に掲載予定ですので、

楽しみにしていて下さいね(^^)

5bf0fc2814cfbd730f995c596080830c_s

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

話はチョット変わるのですが

今 女性の貧困が問題視され

 

 

特に母子世帯の貧困率は深刻で

日本という国は、働いても働いても貧困から抜け出せないという

世界的にも珍しい国であるという情報を耳にしました。

 

 

原因として

母子家庭の女性は、就業率が高いのに

手取り所得が一般就業者と比較して半分しかないこと。

 

 

母子家庭の女性就労しているが

子育て家事とひとりで負担する事が多く、

時間的制約の元就業しているため

 

 

正規社員として働くことが難しく、

その事が収入にも影響し

 

 

貧困に結びついていることが挙げられていました。

 

 

その話を見聞きしながら思ったのですが、

 

 

結婚や子育てをきっかけに

女性は、仕事をやめざる負えない状況に誘導されていると思うのです。

 

 

なんとなく世間がそれをふつうのコトとして

気にしていないと言うか・・・。

 

 

もちろん、男性が働いてくれたほうが収入が高いわけだから、

どちらかが家庭に入らなければいけない場合、

 

 

女性が仕事を辞めるほうが家計にはいいと思うけれど、

 

 

なにか起きた時、例えば 離婚とかですが

女性は、本当につらい状況に置かれます。

 

 

家庭に入り、子どもを育て

家庭を支えてきた経験は評価されないですからね。

 

 

家庭に入っていた期間は

就労経験がない期間として

マイナスに勘定されてしまうのは、不利だなと感じます。

 

 

「貧困」というWordもとても不快です。

 

 

今なお、子育てや家事は女性の仕事というイメージが強すぎる。

でも、それならそれで

一つの経験・キャリアとして評価してほしい。

 

 

母子家庭は増えているそうですし、

でも、母子家庭になることが

=「貧困」という現実では辛いです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

明日の座談会では

旦那さまとの家事育児に関する情報を交換させていただきますが

 

 

旦那様が外に仕事に行くように

奥様は家で仕事をしている。

 

 

お互いのために

家族のために

自分のために

 

 

役割分担している同士であること

夫婦の間で感じられたら

 

 

夫婦の関係って上手くいくんじゃないかな。

 

 

で、女性の貧困という現状にも

いい影響が生まれるんじゃないかなと感じています。

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

個別相談情報はこちら

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

5月の個別相談ご予約可能日

(親子関係個別相談/おうち起業相談)

 

5月21日 15時~

5月22日 15時~

5月24日 14時~

5月25日 午前中

5月31日 午前・午後

 

  • 上記以外の日程をご希望の場合、

メッセージにて、ご相談下さい。

 

  • ご相談方法は

「対面」「スカイプ」からお選び頂けます。

 

  • ご相談後、簡単な感想シートにご協力いただきたいと思いますので、

「スカイプ」ご希望の場合は、メールにてご対応をお願い致します。

メールアドレスは、以下になります

info@mukumuku.or.jp

 

 

*****************

ご予約の手順について

 

  • 上記ご予約可能日の中から第3候補までお選び下さい。

※タイミングにより既に予約が埋まってしまった場合、こちらより調整のお願いをさせて頂くことがあります。

 

  • 以下のサイトにてお申込みチケットを販売しております。

  ご確認の上、チケットをご購入下さい。

https://tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000044525

 

2018年5月11日|子供の場所見知り 克服法~その2~

1年を通し 私は多くの場所で

未就学児の親子さんと対面する機会を経験しています。

 

 

年間にすると

少なく見積もっても

 

 

のべ820組以上の親子さんと出逢っています。

 

 

その中には場所見知りでストレスを抱える親子さんがたくさん。

 

 

前号に続き 場所見知り克服法について書き残したいと思います。

 

82cc2693d5850e29477e0de90204ea23_s

・・・・・・・・・・・・ここから・・・・・・・・・・・・・

マイナスイメージの声掛けをしない

 

 

前号で克服法の一つとして、

言葉で繰り返し伝え、不安解消と経験を積ませる事をお伝えしました。

 

 

言葉で伝える方法で大事なコトは

繰り返し何度も行うことと前回もお伝えしました。

 

 

今日は、追加です。

 

 

  • ものでつるような言い方をしない
  • 脅かすような言葉は使わない
  • 何度言ったら分かるの!など叱らない

 

 

つまりは、マイナスイメージの言葉かけをしないことです。

 

63b83de9d358ff4f7448d302e601c062_s

場所見知りの特徴が出ると

ママは余裕をなくし、イライラしてしまいます。

(これは仕方のない事です)

 

 

が、マイナスイメージの言葉は、子どもの余裕も奪ってしまいます。

 

 

余裕がなくなると大人が物事をうまく進められない様に

 

 

子どもも場所にうまくなじめなくなるのです。

 

 

つい口をついてしまうマイナスイメージの言葉があるとしたら

次からは、別の言葉に変えて試してみてください!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・マイナスイメージ言葉の例・・・・・・・・・・・・・

「こわい こわい」「いやだね」

「早くしなさい」「なに泣いているの」

「恥ずかしい」

「もう連れてきてあげないからね」

 

 

もしかしたら無意識に使っていませんか?

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

子供の個性を理解する

 

 

お子さんと出かける機会が多くなると

 

 

我が子が場所見知りする子かそうでないのか

分かってきます。

 

 

我が子が場所見知りするタイプだった場合、

それは 我が子の個性だと受け入れることが大切です。

 

 

よく「自分はそういうタイプじゃない」

「兄弟は、場所見知りなんてしなかったのに」

 

 

などと大人の過去の記憶と比較し、

 

 

子どもの特徴を否定するような事がありますが、

個々にはタイプ・個性が必ずあります。

 

 

我が子が場所見知りサインを出すようなら、

あっさり受け入れてほしいのです。

 

 

否定すれば解決策はこじれて見つかりにくくなりますが、

 

 

受け入れてしまうと解決策が見えやすくなるものです。

 

 

こだわりが強く、

癇癪を起しながら場所見知りするお子さんも同様です。

 

 

お子さんの個性は、受け入れてみてください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

ママ自身の不安をなくしておく

 

 

子どもは、親の感情に同調することがあります。

 

 

生後3~4か月から場所見知りは始まる事を書きましたが、

 

 

子どもの感情は自分中心から

 

 

成長とともに周囲の感情へも関心を示すようになります。

 

 

2歳前後になるとママの顔色・声色に反応するようになるのです。

 

b740c7392167b756df621dd5bf048323_s

私たち大人が誰かと新しい場所へ出かけるとします。

 

 

その時、一緒に行く相手が、

 

 

これから出掛ける場所をものすごく怖がっているとしたら、

 

 

怖くなかった自分もつられて怖くなる可能性があります。

 

 

経験が沢山あって、言葉で確認しあうことができる大人同士でも

相手の顔色・声色で不安をあおられるのです。

 

6570fc767da93d2ecba4d62dfba2d545_s

 

これは、ママと子どもに当てはめて考えることができます。

 

 

ママが不安を抱えて移動しているとしたら・・・

子どもが同調してしまうかもしれない。

 

 

子どもだけでなく、

大人もコンディションを整えておくことが

 

 

子どもの場所見知り克服に役立ちます。

 

9d463ff31eaf7c31fa846d32bd1c0729_s

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その1 その2 で述べて事は

実は全てつながりをもった克服法です。

 

 

どれか一つではなく

セットでお試しいただけることを期待しています。

 

今回の克服法が

場所見知りでお困りの親子さんのお役に立てたら幸いです♪

6f3996024cdc2bcc2e6a48bb45cddb77_s

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

個別相談情報はこちら

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

5月の個別相談ご予約可能日

(親子関係個別相談/おうち起業相談)

 

5月14日 15時~

5月15日 15時~

5月21日 15時~

5月22日 15時~

5月24日 14時~

5月25日 午前中

5月31日 午前・午後

 

  • 上記以外の日程をご希望の場合、

メッセージにて、ご相談下さい。

 

  • ご相談方法は

「対面」「スカイプ」からお選び頂けます。

 

  • ご相談後、簡単な感想シートにご協力いただきたいと思いますので、

「スカイプ」ご希望の場合は、メールにてご対応をお願い致します。

メールアドレスは、以下になります

info@mukumuku.or.jp

 

 

*****************

ご予約の手順について

 

  • 上記ご予約可能日の中から第3候補までお選び下さい。

※タイミングにより既に予約が埋まってしまった場合、こちらより調整のお願いをさせて頂くことがあります。

 

  • 以下のサイトにてお申込みチケットを販売しております。

  ご確認の上、チケットをご購入下さい。

https://tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000044525