イベント情報Event

2018年5月11日|子供の場所見知り 克服法~その2~

1年を通し 私は多くの場所で

未就学児の親子さんと対面する機会を経験しています。

 

 

年間にすると

少なく見積もっても

 

 

のべ820組以上の親子さんと出逢っています。

 

 

その中には場所見知りでストレスを抱える親子さんがたくさん。

 

 

前号に続き 場所見知り克服法について書き残したいと思います。

 

82cc2693d5850e29477e0de90204ea23_s

・・・・・・・・・・・・ここから・・・・・・・・・・・・・

マイナスイメージの声掛けをしない

 

 

前号で克服法の一つとして、

言葉で繰り返し伝え、不安解消と経験を積ませる事をお伝えしました。

 

 

言葉で伝える方法で大事なコトは

繰り返し何度も行うことと前回もお伝えしました。

 

 

今日は、追加です。

 

 

  • ものでつるような言い方をしない
  • 脅かすような言葉は使わない
  • 何度言ったら分かるの!など叱らない

 

 

つまりは、マイナスイメージの言葉かけをしないことです。

 

63b83de9d358ff4f7448d302e601c062_s

場所見知りの特徴が出ると

ママは余裕をなくし、イライラしてしまいます。

(これは仕方のない事です)

 

 

が、マイナスイメージの言葉は、子どもの余裕も奪ってしまいます。

 

 

余裕がなくなると大人が物事をうまく進められない様に

 

 

子どもも場所にうまくなじめなくなるのです。

 

 

つい口をついてしまうマイナスイメージの言葉があるとしたら

次からは、別の言葉に変えて試してみてください!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・マイナスイメージ言葉の例・・・・・・・・・・・・・

「こわい こわい」「いやだね」

「早くしなさい」「なに泣いているの」

「恥ずかしい」

「もう連れてきてあげないからね」

 

 

もしかしたら無意識に使っていませんか?

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

子供の個性を理解する

 

 

お子さんと出かける機会が多くなると

 

 

我が子が場所見知りする子かそうでないのか

分かってきます。

 

 

我が子が場所見知りするタイプだった場合、

それは 我が子の個性だと受け入れることが大切です。

 

 

よく「自分はそういうタイプじゃない」

「兄弟は、場所見知りなんてしなかったのに」

 

 

などと大人の過去の記憶と比較し、

 

 

子どもの特徴を否定するような事がありますが、

個々にはタイプ・個性が必ずあります。

 

 

我が子が場所見知りサインを出すようなら、

あっさり受け入れてほしいのです。

 

 

否定すれば解決策はこじれて見つかりにくくなりますが、

 

 

受け入れてしまうと解決策が見えやすくなるものです。

 

 

こだわりが強く、

癇癪を起しながら場所見知りするお子さんも同様です。

 

 

お子さんの個性は、受け入れてみてください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

ママ自身の不安をなくしておく

 

 

子どもは、親の感情に同調することがあります。

 

 

生後3~4か月から場所見知りは始まる事を書きましたが、

 

 

子どもの感情は自分中心から

 

 

成長とともに周囲の感情へも関心を示すようになります。

 

 

2歳前後になるとママの顔色・声色に反応するようになるのです。

 

b740c7392167b756df621dd5bf048323_s

私たち大人が誰かと新しい場所へ出かけるとします。

 

 

その時、一緒に行く相手が、

 

 

これから出掛ける場所をものすごく怖がっているとしたら、

 

 

怖くなかった自分もつられて怖くなる可能性があります。

 

 

経験が沢山あって、言葉で確認しあうことができる大人同士でも

相手の顔色・声色で不安をあおられるのです。

 

6570fc767da93d2ecba4d62dfba2d545_s

 

これは、ママと子どもに当てはめて考えることができます。

 

 

ママが不安を抱えて移動しているとしたら・・・

子どもが同調してしまうかもしれない。

 

 

子どもだけでなく、

大人もコンディションを整えておくことが

 

 

子どもの場所見知り克服に役立ちます。

 

9d463ff31eaf7c31fa846d32bd1c0729_s

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その1 その2 で述べて事は

実は全てつながりをもった克服法です。

 

 

どれか一つではなく

セットでお試しいただけることを期待しています。

 

今回の克服法が

場所見知りでお困りの親子さんのお役に立てたら幸いです♪

6f3996024cdc2bcc2e6a48bb45cddb77_s

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

個別相談情報はこちら

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

5月の個別相談ご予約可能日

(親子関係個別相談/おうち起業相談)

 

5月14日 15時~

5月15日 15時~

5月21日 15時~

5月22日 15時~

5月24日 14時~

5月25日 午前中

5月31日 午前・午後

 

  • 上記以外の日程をご希望の場合、

メッセージにて、ご相談下さい。

 

  • ご相談方法は

「対面」「スカイプ」からお選び頂けます。

 

  • ご相談後、簡単な感想シートにご協力いただきたいと思いますので、

「スカイプ」ご希望の場合は、メールにてご対応をお願い致します。

メールアドレスは、以下になります

info@mukumuku.or.jp

 

 

*****************

ご予約の手順について

 

  • 上記ご予約可能日の中から第3候補までお選び下さい。

※タイミングにより既に予約が埋まってしまった場合、こちらより調整のお願いをさせて頂くことがあります。

 

  • 以下のサイトにてお申込みチケットを販売しております。

  ご確認の上、チケットをご購入下さい。

https://tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000044525

 

2018年5月11日|子供の場所見知り 克服法~その1~

 

1年を通し 私は多くの場所で

未就学児の親子さんと対面する機会を経験しています。

 

 

年間にすると

少なく見積もっても

 

 

のべ820組以上の親子さんと出逢っています。

 

 

未就学児の親子が集う場には

色々な人間模様が見えてくるのですが、

 

 

今日は、場見知りをされるお子さんとママに向けて

記事を残そうと思います。

 

 

それは、子供の場所見知りが

親子にとってチョットしたストレスにつながるケースがあるからです。

 

 

「うちの子、慣れない場所は嫌がって困るんです」と言う

親子さんのお役に立てる事を期待して♪

 

04486f31f338af6e4baf7891831bed7d_s

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

場所見知りは子どもの社会性が育っている証拠

 

 家以外の場所に子どもと出掛けた時、こんな経験はありませんか?

  • 子どもが親から離れない、
  • ずーっと抱っこをねだる、しがみついてくる、
  • 泣き続ける、
  • 帰りたがる、
  • 癇癪をおこす、
  • 子どもがその場から逃げ出す。

 

これらは場所見知りをするお子さんが取る行動の特徴です。

 

生まれたばかりの赤ちゃんには見られない行動ですが、

 

早ければ生後3~4か月くらいから場所見知りは始まり特徴が見られます。

(たくさんのお子さんを看させていただいた私の経験からです)

 

 

人見知りも同じような時期から始まる特徴があります。

 

生まれたばかりの赤ちゃんにはなく

生後3~4か月の赤ちゃんから特徴が出始めるのはなぜか。

 

それは、この期間に

赤ちゃんはドンドン体も心も成長しているからだと考えます。

 

ご存知の通り 

生まれたばかりの赤ちゃんは視力も発達途中、

昼夜さえも区別がつかず

 

 

ママや部屋の匂い、

室内の物音、

 

 

人の気配など身の回りのことにまだまだ鈍感です。

 

ef26d30b12b505d651437dd213566220_s

しかし、お腹の外に生まれ出て

月日を重ねることで色々な体験を積んでいきます。

 

 

赤ちゃんなりに新たな刺激を吸収し、社会勉強を積むのです。

 

 

経験を積むことで、今はいつもと違うという事も分かってきます。

 

 

その結果、いつもとの違いを感じ取って

場所見知り(人見知り)の特徴で合図を送ってくると考えています。

 

 

場所見知りは、子どもの社会性が育っている証拠でもあると考えられるのです。

これは、成長ですから喜ばしい事ですね♪

 

 

ですが、人見知りの特徴が激しく出てしまう場合、

親子でストレスを感じることも多い。

 

3ae40f53dd72a4e388fe55ad5f12ed43_s

この喜ばしい成長に

どう対処したらいいのかを次にあげていきます

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

経験をさせてあげることが大切です

 

まずは、想像してみて下さい。

 

もしも、自分がたった1人で

急に、自分が望んでもいないのに

どこなのかも分からない土地に瞬間移動してしまったとしたら・・・。

 

 

自分から望んでいなくて、

 

どこなのかも分からなく、

 

安全地帯なのかも分からない。

 

そこへ1人・・・。

 

不安にならない大人はいないですよね。

 

当たり前の反応だと思います。

 

0a7bf7ae7c6be8f71d72b5c1e0be97ac_s

 

大人が旅行や引っ越しなどで

 

知らない土地に行く場合、

 

多少の不安はあるかもしれませんが

 

場所に対する認識がある事や目的を理解していることで

不安は最小限に留める事ができます。

 

私たち大人は、経験を積むことで場所見知りに対応できていると考えられます。

 

 

では、子どもたちはどうでしょうか?

 

 

大人に比べたら 当然経験は少ない。

 

 

移動は“不安”が伴うと考えていいでしょう。

 

 

家以外の場所は、安全ではない・・・と思っているかもしれません。

 

 

場所見知りするお子さんにとって移動は、

私たち大人が意図しない瞬間移動を強いられる(←想像力を働かせてくださいね)

恐怖と同じ強烈な体験なのです。

 

82cc2693d5850e29477e0de90204ea23_s

場所見知りをされるお子さんのママは

子どもが嫌がる・かわいそうと

 

 

新しい場所に行くことを避ける傾向がありますが、

 

 

新しい場所への不安をなくす手助けをしてあげればよいのです。

 

 

その方法は

事前に○○へ行くよと伝えておき、

 

 

そこは どんな所で、

何をしに行くのか。

 

 

お友だちもたくさんいるよ とか

パパもみんなで行こうね など

 

 

場所のイメージを膨らませるためのヒントを

たくさん与えてあげるのです。

 

 

よく「子どもは言っても分からない」から伝えないと言う決断をされるママがいらっしゃいますが

 

 

場所見知りの克服には不安を取り除くことが大切です。

どんなに小さな赤ちゃんであっても

 

 

日ごろから言葉で伝え確認をしてみてください。

 

 

そして、この伝え確認するサポートは何度も繰り返しが必要です。

1度で理解できないことが沢山ありますし、

 

 

1度理解できても、2回目は忘れてしまうこともあります。

 

 

また理解にムラもあります。

 

 

ですから、何度も伝え確認することで不安を取り除き、

新たな環境を避けるのではなく

 

 

ドンドン経験させてあげてほしいのです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・長くなりましたので、次号に続きます・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

個別相談情報はこちら

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

5月の個別相談ご予約可能日

(親子関係個別相談/おうち起業相談)

 

5月14日 15時~

5月15日 15時~

5月21日 15時~

5月22日 15時~

5月24日 14時~

5月25日 午前中

5月31日 午前・午後

 

  • 上記以外の日程をご希望の場合、

メッセージにて、ご相談下さい。

 

  • ご相談方法は

「対面」「スカイプ」からお選び頂けます。

 

  • ご相談後、簡単な感想シートにご協力いただきたいと思いますので、

「スカイプ」ご希望の場合は、メールにてご対応をお願い致します。

メールアドレスは、以下になります

info@mukumuku.or.jp

 

 

*****************

ご予約の手順について

 

  • 上記ご予約可能日の中から第3候補までお選び下さい。

※タイミングにより既に予約が埋まってしまった場合、こちらより調整のお願いをさせて頂くことがあります。

 

  • 以下のサイトにてお申込みチケットを販売しております。

  ご確認の上、チケットをご購入下さい。

https://tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000044525

 

2018年5月9日|働くママが苦労している料理について その2 ~まとめ買いのメリット・デメリット~

働くママの8割が

仕事と育児の両立で苦労しており

 

 

その苦労の内訳で大きな比重を占めるのが

料理である。

 

 

その料理の苦労を解決するため

まとめ買いをオススメする第2弾です!

 

 

数年前に実施した

ママのためのマネー講座講師の方も仰っていたのですが、

 

 

まとめ買いは「時間」も「お金」も大事にしてくれる方法で

働くママが身につけたら

 

 

楽になること間違いなしです。

 

 

私も実践しましたので

実施して分かったまとめ買いのメリット・デメリットをお伝えしたいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まとめ買いにも2パターンあります

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

一口にまとめ買いと言っても

以下 2パターンに分けることが出来ます。

 

 

今回は【2】献立を立てずに買い物する

 

 

【1】献立を立ててから買い物するで上がったデメリットをクリアするべく

 

 

次は、献立を立てずに買い物することにチャレンジしました。

 

 

まとめ買いのメリットは大きく

計画を変更し継続したかったからです!

 

 

事前に決めておいたのは、

買い物するタイミングだけ。

 

 

週に一回、主に土曜日の午前中をまとめ買いの時間と計画。

 

 

手帳にも土曜の予定として書きこんでおきます。

 

 

メニューが決まっていないので、

主に旬の食材を基準に買い物をしました。

 

 

旬の食材を基準にすると値段も抑えられ、

季節によって、いろいろな食材を食べさせることができますし、

 

 

食材から料理を決めることで

献立も変化が生まれました。

 

 

献立先行だった時は、

品がなかったり、

値段が変動するため、

献立や予算に影響することも問題でしたが、

 

 

【2】では 決めごとがないので縛られる事がなくなり

買い物は、とても快適になりました。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・まとめ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

メリット

 

・日々の買い物回数が減る事で、時間短縮は大きい

・旬のものを食べることができる

・献立に変化が生まれる

・献立にしばられることがなくなる

・まとめ買いの後に、下準備もできてしまうので、調理の時短になる

・時短できることで気持ちの余裕が生まれる

・相対的にストレスが減る

・無駄と感じる買い物が減る

・導線が短くなる

 

 

デメリット

・特になし

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【1】【2】ともに、まとめ買いのメリットは大きいことが分かります。

 

 

そして、我が家にとっては

 

 

献立を決めずにまとめ買いする方法がより効果的でした。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

まとめ買いに限らずですが注意点として、

 

 

・行き慣れたお店で買い物することも効率を増します

・買い物前は在庫確認をして出かける

・1週間で使い切れる量をまとめ買いする

・買ったものを忘れないために、帰宅後 献立を立てるか、

またはレシートを貼るなどして食品管理をする

 

 

このような点も合わせて行動されると

 

より一層 料理に関する苦労も減るかと思います。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

個別相談のご予約を賜っております。

 

 

ご自身だけでは煮詰まってしまったお悩みを

お聴きし、解決策を見い出していきます。

 

 

5月の個別相談ご予約可能日

(親子関係個別相談/おうち起業相談)

 

5月11日 午前中

5月14日 15時~

5月15日 15時~

5月21日 15時~

5月22日 15時~

5月24日 14時~

5月25日 午前中

5月31日 午前・午後

 

  • 上記以外の日程をご希望の場合、

メッセージにて、ご相談下さい。

 

  • ご相談方法は

「対面」「スカイプ」からお選び頂けます。

 

  • ご相談後、簡単な感想シートにご協力いただきたいと思いますので、

「スカイプ」ご希望の場合は、メールにてご対応をお願い致します。

メールアドレスは、以下になります

info@mukumuku.or.jp

 

 

*****************

ご予約の手順について

 

  • 上記ご予約可能日の中から第3候補までお選び下さい。

※タイミングにより既に予約が埋まってしまった場合、こちらより調整のお願いをさせて頂くことがあります。

 

  • 以下のサイトにて個別相談チケットを販売しております。

  ご確認の上、チケットをご購入下さい。

https://tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000044525

 

  • チケットを購入していただきました後、面談日の調整に入ります。