イベント情報Event

2018年12月27日|親の役割と子どもの役割を整理する

冬休みに入って

お子さんへの声掛けに

忙しくなっていませんか?

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

「起きなさい」

「早くご飯食べなさい」

「宿題やったの?」

「片づけなさい」

「ゲーム止めなさい」

「テレビばっかり見てないの!」

「早く寝なさい」

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

声をかけずとも

自主的に自分でできる子を

育てるには

 

 

あるコツが必要です。

 

 

詳しくはメルマガでお送りしております。

 

【メルマガ登録】

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000044525

fff996ab69ba735c9e2527a74da493f8_s1

#川口 #子育て #ママ応援

#育児相談 #育児ノイローゼ #相談

#子育て相談 #子育て支援 #悩み 

 

2018年12月20日|子どもの声が耳障りでうるさく感じる 解決する方法

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

よその子だけでなく、自分の子どもの声も耳障り

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子どもの声がうるさく感じられて仕方がない。

 

 

 

私は考え事をしているのに

ひっきりなしに話しかけてくる。

 

 

 

考え事は

そんなに大事な事じゃないかもしれない。

 

 

 

例えば、夕飯のメニューは何にしようかなとか

今、考えなくちゃいけない事じゃない事もある。

 

急ぎの考え事じゃないのだから

子どもの話を聞くことを優先しなくちゃいけないのではないかと

自分を責めてしまう事もある。

 

 

 

友だちと話しているのに

「ママ、ママ、きいて」と割り込んでくる。

 

 

 

友だちの手前、いいお母さんでいたいから

「なに?」と優しく答えるけれど

 

 

 

たいていが大した話じゃないから

うんざりする。

 

 

 

しかも何回も何回も遠慮なく割り込んでくる。

 

 

 

友だちとの話が続かない。

 

 

 

友だちに嫌な思いをさせているんじゃないかと

相手の事が気になって

 

 

 

(あー、子どもがいると

友だちと話すことすらできない)と嫌な気分になる。

 

 

自分の時間を邪魔されたような気分で

子どもが許せない。

 

 

 

子どもを許せないと

そんな風に思う自分も許せなくなる。

 

 

 

負のスパイラルの中にいる自分を

救いたい、抜け出したい。

 

 

 

子どもの声が耳障りで

私の頭がおかしくなりそうでこわい。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ママでも子どもの声をうるさく感じてしまう事はあると思います。

 

 

鳴き声が苦手な人や

子どもの高い声が苦手な人

 

 

 

それぞれママにも特徴があるのだから。

 

 

 

 

ママだからって

みんながみんな、子ども好きっていうわけではないでしょう。

 

 

 

だから、子どもの声をうるさいと感じてしまってもいいんじゃないかな。

 

 

 

子どもの声をうるさく感じてしまう自分を何とか救いたくて

情報を集め、実践しようと思うけど

 

 

 

なかなか上手くいかないと感じているママがたくさんいると思います。

 

 

 

うまくいかないと感じるから

自分を責めたり、子どもを責めたり。

 

 

 

なかなか解決につながった自信が持てない。

 

 

 

沢山の情報を集め

何をしたらいいのか策は知っているけど

 

 

 

できないと感じるのは

自分自身を大好きになれていないからかもしれませんよ。

 

 

 

え?そこ?なの・・・

子どもの声が耳障りで

何とかしたいと思っているのに

 

 

 

解決するには自分を好きになる事って

どうして?と思われるかもしれませんが

 

 

 

問題を解決するには

“勇気”が必要なんです。

 

 

 

そして“勇気”の源は

自分を好きだという気持ちです。

 

 

 

自分を好きじゃないと問題を解決することができない・・・とは

言い切りませんが

 

 

 

かなりこじらせる事は間違いないでしょう。

 

 

 

自分を好きな人は

自分に自信があるとも言えますよね。

 

 

 

他の人を見て

(あの人 悩みなさそうだな)と感じる人が身近にいませんか?

 

 

 

その人って

自分が好きそうで

自信があるように見えませんか?

 

 

 

その人は悩みがないわけじゃないと思うんです。

 

 

 

悩みが起きても

解決が早いんだと思います。

 

 

 

解決が早いのはなぜかと言ったら

自分が好きで、自信があって、

勇気があるからです。

 

 

 

問題に取り掛かる手順が見当違いだった場合

なかなか解決に至りません。

 

 

 

まず大事なことは自分を大好きになる事です。

 

 

 

”勇気”を身に着ける事です。

 

 

 

”勇気”を身に着けたい方へのコースをご用意しています。

 

 

 

【いつでも登録無料 勇気づけメルマガ】

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000044525

 

 

 

【話して解決したい方向け 個別相談】

https://tsuku2.jp/events/eventsDetail.php?ecd=72210480410142

 

 

 

【じっくり勉強したい方向け

SMILE~愛と勇気づけの親子関係セミナー~】

https://tsuku2.jp/events/eventsDetail.php?ecd=16010128340028

 

 

 

★//////////★//////////★

2018年12月8日|12月12日 勇気づけが学べるお茶会

【親が機嫌よくいられる事が子どもの栄養になる】

ある研究によると
親が機嫌よく過ごせていられれば
子どもの発達にプラスの効果があると言われています。

親が穏やかに過ごせることが
家庭にとっていいことである!と
多くの大人は自覚していると思います。

が、(ニコニコばっかりしてられない)と言うのが
大人の本音。

どうしたら この思いのギャップを埋められるでしょうか?

アドラー心理学の”勇気づけ”で
ギャップを埋めるヒントを見つけてみませんか?

来週は気軽にご参加いただけるお茶会を予定しています。

勇気づけの考え方を

 

ご自宅に取り入れてみませんか?

 

顔写真入り

【12月12日 勇気づけが学べるお茶会】

https://ameblo.jp/kirakiraikou/entry-12404444564.html