参加者の声Voice

プログラムにご参加いただいた皆様の声を紹介いたします。

『ココロがスッと軽くなるおしゃべりママの会』

・「こうなりたい」目標を紙に書いたり、見えるところに貼る事で、より効果がある事が分かった。表だけの自分だけではなくて裏の自分も見つめ認めてあげる事が大切。日常、家にいるときに目標を貼って毎日見る!(冷蔵庫に貼る)眠る前に(1人の時間の時に)ゆったりした気持ちで。

自分に対して、悪いところだけでなく、やっている事を認める。(掃除や洗濯、掃除)

・すべての事は表裏一体だという事、出来ている事に注目する事に気付いた。子どもに対してトイレを促す時、うんちをパンツでしたがる子どもが部屋で力み始めた時、出来なくてもトイレに行けた事、うんちしたい事を言えたことをほめる。パットでウンチしても〇。パンツが汚れなかったことをほめる。

・意識をもって日常を過ごすことが大切だと思いました。自分の過ごした子ども時代が今も影響するという事。親から言われたこと、手伝ってもらった事など。夫に対し、子どもの事でやってほしい事、手伝ってほしい事を口に出してお願いする。子どもに対して子どもがやりたい放題の時、口にだしてお願いする。言わないで自分だけイライラしないようにする。自分の時はどうだったかな?と考えてみる。比べてみる。

・自分の悪いところに注目し過ぎていて、体調も悪い・・・というのもあって、何となく負の流れになっていた。良い所に注目して少しの頑張りを認める事の大切さに再び気づきました。自分のよさって何かな・・・と少しこれからの人生の迷いが気持ちに出ている…。

自分も息子も主人にも日々の生活の中でよく頑張ったね。お疲れ様の一言を大切にする。認めてほめる!という気持ちを常に持ちたい。

・性格は変わらないとずっと思っていた。子どもに対して考えや行動が理解できないと感じた時。今まで嫌だなと思う事を見ていたのを頑張っている所や可愛いなと思う所を見て褒めて声掛けをしてあげる。小さい事で◎。

・自分で思っている自分と客観的に見た自分は違う部分があった。ライフスタイル分析のタイプを読んで最初は「ちがう」と感じたが、よく考えると思いあたる部分があり、冷静に自分の事を分析発見できた。自分の気持ち次第で性格は変わる事が出来る事が分かった。

夫や子どもに対して自分がイメージした通りの事が起きなかった時、(例えば、夫が突発的に休日の予定を変更する。帰りたいのにいつまでも遊んでいるとか)直ぐに否定しない。それが出来るためには、どうしたらよいか考えてみる。柔軟に対応できるように冷静になってみる。優しく伝える。

・よい所=悪いところ。表を見るのか裏を見るのか、向ける視線がどっちかなのに、いつもマイナスの方ばかりにとらわれてしまっていること。

まだまだ片づけできない所が多いけど、ちょっとやる気を出して1個ずつなら(まずは衣替えとか)片付けよう。

自分・・・15分だけでも集中して片付ける。×何個かをできたらいいな。みんな…ママ頑張れー!と励ましてもらう!!頑張れたら家族に褒めてもらう。

・ライフスタイル診断をしてBタイプとCタイプが高かった。内容を読むと確かに当っている!と思う所も多かったけど、家族と仕事での自分は違うんだと考えるところもあった。「他者の感情に敏感」と言う一文があったが、今まで人の顔色ばかり見て自分をコロコロ変えて過ごしてきたことが多く、もう少し自分に自信をもって生きていきたいと心から思った。自分を否定するのではなく、考えをプラスに持っていくことで家族への接し方も変われる!と思った。

自分や家族全員に対して、子どもと2人でいて家事をこなしている時、子どもたちと遊んでいる時、家族で過ごしている時、何かしようと焦るのではなくて、ゆったりと過ごす時間も大切と思って良いほうに考えていく。

子どもに期待する事ばかりを求めるのではなく、まず自分に自信をもって楽しく関わろうと思う。とにかく笑う。

【子育て体験講座参加者の声】

・2歳。年齢的にもそろそろおむつはずれを考えているので、本人もトイレに興味を持っているようなので参加しました。会話も少しづつ出来てきているので具体的な進め方を知りたいと思い参加を決めました。

子どもにとっても親にとってもストレスなく根気強く進めて行こうと思いました。失敗が続いてもできた時に沢山ほめて我が子のペースを大事にしていきたいと思いました。

色々な方の考え方や実例など聞く事が出来、参考になりました。ありがとうございました。

・子どもが『ちっち』と言い出したので参加しました。様々な意見を聞けて良かった。

・『うんちがでた、かえて』と言うようになりトレーニング時期だと感じたので参加しました。具体的な成功例など聞きたかった。

・最近オムツを気にしたり、うんちをすると『出た』と言ったりすることが時々あり、はじめ時なのか等も知りたいと思いました。

先生の体験談や他の方がどの様な事を実践されているのかなど、とても参考になりました。

・10歳の長男のトイトレは保育園に任せてしまったので10年ぶりの育児と言うのもあり改めて参加させて頂きました。

来年でもイイかもと思っていたが、子どもがサインを出したら早く始めてもいいんだなと言う事が分かりました。

・他の講座を受けて良かったので、いつもお知らせをチェックしています。先生の体験談や他のママの工夫を教えてもらって自分でもやって見ようと思いました。

・1歳7か月なので、そろそろおむつ外しの練習をしたいなと思って参加しました。どんな感じで始めて行けばいいのか参考にしたいと思っていました。

色んなお母さんたちの意見が聞けて良かったです。また先生の実体験を踏まえてのおむつ外しも分りやすくとても参考になりました。

・パンツにする時期や、やり方が分からなくて参加しました。みな同じように悩んでいるし、少しずつやり始めたんだと思ったら少し安心しました。やり方、教え方、褒め方、それぞれを少しずつ取り入れて始めたいと思いました。

・おむつを卒業させたいと思う反面、まだ、いいかな・・・と思う面もあり自分のやる気スイッチが入ればいいなと思い参加しました。母がやろうと思ったらやり遂げてください!との言葉が心に響きました!自分と子どものペースで頑張ります!

・そろそろトレーニングかな?と思い参加しました。今は、なんとな~くトレーニングをしているので親が”始めるぞ”と決めたら続けて頑張る事が大切だと思いました。